カート
ユーザー
商品を探す
所蔵先
商品カテゴリ
このサイトについて
福岡市博物館オリジナルジェットストリーム
1,320円(税込)
各オプションの詳細情報
種類
福岡市博物館オリジナルジェットストリーム
1,320円(税込)
三菱鉛筆(uni)さまとのコラボにより誕生した、「福岡市博物館オリジナルジェットストリーム」です。
デザインは、福岡市博物館所蔵の人気刀剣「圧切長谷部」「日光一文字」をそれぞれイメージした全2種。

各デザインについて


・圧切長谷部モデル
拵の金霰をイメージしたデザイン。裏側には銘も入っています。
・日光一文字モデル
 「葡萄文蒔絵刀箱」の美しい蒔絵をイメージしたデザイン。

本体仕様について


黒インク、赤インク、シャープを搭載した書き味抜群のジェットストリームです。

国宝 刀 名物「圧切長谷部」


織田信長が茶坊主をお手討ちにする際、膳棚の下にもぐりこまれ刀を振り下ろせなかったため、棚の下に刀を差し込み、ぐいっと押し当てただけで「圧し切った」ことにちなみその名がついたという逸話をもつ刀剣「圧切長谷部」。
織田信長の中国攻めに協力したことで黒田孝高(如水)に与えられました。
中心(なかご)に「長谷部国重本阿(花押)」と「黒田筑前守」の金象嵌銘(きんぞうがんめい)があり、本阿弥光徳が作者を山城の長谷部国重と鑑定しました。

長谷部国重は南北朝期に京都で活躍した刀工です。皆焼(ひたつら)の刃文を得意としました。
点が飛び散ったような皆焼刃文は見事。広い身幅と大鋒(おおきっさき)はこの時代の特徴で、もともとはもっと長い太刀であったものを刀として短くしたものと言われています。
もっとも出来がすぐれているもの、何か重大ないわれのあるもの、非常によく切れるもの、かつての所持者が歴史上有名な人物であったなどの理由があるため「名物刀剣」と呼ばれています。

1口/長さ64.8cm 反り0.9cm/南北朝時代


国宝 太刀 名物「日光一文字」


もともと日光権現社にあったものを、小田原の北条早雲が申し請け、それを天正18年(1590)の小田原攻めのときに、黒田如水が北条氏直から豊臣秀吉との和解の労のお礼として受け取ったと言われている日光一文字。身幅(みはば)がひろく鎌倉時代中期の豪壮な姿をしています。

もっとも出来がすぐれているもの、何か重大ないわれのあるもの、非常によく切れるもの、かつての所持者が歴史上有名な人物であったなどの理由があるため「名物」と呼ばれています。

1口/長さ 67.8cm 反り2.4cm/鎌倉時代


商品詳細

<軸色>

<インク色>
黒、赤(+シャープ)
<ボール径>
0.5ミリ
<芯径>
0.5ミリ
<製造元>
三菱鉛筆株式会社
※クリックすると拡大画像を表示します。