カート
ユーザー
商品を探す
所蔵先
商品カテゴリ
このサイトについて
刀剣ネイルシール 日本号
1,320円(税込)
購入数
セット

刀剣ネイルシール 日本号
1,320円(税込)
特別展「徳川家康と歴代将軍〜国宝・久能山東照宮の名宝〜」・企画展「天下取りと黒田孝高・長政」特設ショップで販売していた、展覧会オリジナルグッズ「刀剣ネイルシール  日本号」です。
※ネイルシールに加え、アルコールシート及び、ネイルファイル・ウッドスティックが同封されています。

「刀剣ネイルシール」の楽しみ方


博物館のコレクションの中には、目にした瞬間心が奪われるような逸品があります。
実物を保管するのは物理的に難しくとも、せめて精緻な意匠の一部を身につけられたら。
そう考え、このたび「刀剣ネイルシール」を制作しました。
フルセットを特別な日の装いに、あるいは一つ二つをお手持ちのネイルのアクセントに、ご随意にお楽しみいただければ幸いです。

デザインについて


「大身鎗 名物 日本号」の螺鈿部分を、修復された部分と当時のままの残る部分を2色で表現。石突のハート模様に見える部分もデザインに取り入れています。

(青螺鈿)
柄には2種類の螺鈿が確認できます。貝殻片が大きく、よく煌めく青い螺鈿は、後の時代に補修された螺鈿です。青螺鈿がみられるのは、鎗を使用する際に握る部分です。

(白螺鈿)
日本号の柄は全体に息をのむような螺鈿細工が施されています。主にベージュがかった白い貝殻が用いられ、華やかで上品な輝きを放っています。驚くべきことに刀傷があり、実戦で使用されていたことがわかります。ベースカラーは歴史を経た螺鈿の色をイメージしています。

(逆輪)
柄の上部にはめられた金具を逆輪と呼びます。日本号の逆輪は、魔除けの意味をもつ金の猪目。ハートによく似た愛らしいデザインですが、黒田孝高の家臣・母里太兵衛が福島正則からこの鎗を呑み取ったという豪快な逸話や、倶利伽羅龍の彫られた勇ましい刀身にふさわしく、持ち主を守護する頼もしいモチーフです。


大身鎗 名物「日本号」


日本号は室町時代後期に作られ、天下三名槍のひとつに数えられる大鎗です。
黒田家の家臣「黒田二十四騎」のひとり母里太兵衛が、祝宴で武将・福島正則から「大盃を飲み干せばこの鎗を与える」と言われ、それを見事飲み干したことで手に入れました。別名「呑み取りの鎗」とも言われています。

もっとも出来がすぐれているもの、何か重大ないわれのあるもの、非常によく切れるもの、かつての所持者が歴史上有名な人物であったなどの理由があるため「名物」と呼ばれています。

柄を含めた総長が321.5僉真呂猟垢79.2僉深篠時代


ネイルシール 圧切長谷部ネイルシール 日光一文字もございます。

商品詳細

<サイズ>
縦:約31センチ、横:約0.8センチ
<同梱品>
ネイルシール1枚に加え、アルコールシート及び、ネイルファイル・ウッドスティックが同封されています。


※クリックすると拡大画像を表示します。
この商品を購入する